« 玉ネギ定植 | トップページ | NPO法人設立総会 »

2006/10/19

玉ねぎ植え付け

 今日は玉ネギの苗を大量に買ったため、実践研修畑で植え付けをしました。

 1200本ありましたが、30分に100本のペースで植え付け、16時頃終了しました。

 昨日は雨だったため、土がべちゃべちゃして時間がかかったけど、今日は少し乾いて植えやすかったので、ペースが上がりました。

 来年の6月までには売り先を確保しないと・・・

 とりあえず、確実なのは大滝自然農園を中心に秋保の有機農家が参加している「秋保大滝産直会」が西多賀生協とイオンに売り場を持っているのでそこには出せそうです。

 2年間の研修で思ったことは、有機野菜は何とか作れそうだけど、売り先を探すのが大変そうです。

 営業も大きな仕事になりそうです。

 午前中、渡辺さんが山芋を掘ってみたところ、もらった苗を遅く植えたにもかかわらず、まずまずの大きさに成長していました。

 私の山芋も楽しみです。

 お昼に伴実さんが「サツマイモが全然なってなくて、11月3日のいも堀、どうしよう。」と嘆いていました。

 私も掘ってあったサツマイモをチラッと見たのですが、とてもサイズが小さく、細っこくて、「小さいですよね」と言ったら、「小さいどころか、全然なってない。」とのこと。

 去年は超豊作で巨大すぎるイモもいっぱいありました。伴実さんによると「去年が良すぎた」らしいです。

 「サツマイモ堀じゃなくて、ヤーコンを掘ってもらったら」とか「里芋を掘ってもらったら」とか「大根を抜いてもらったら」とか冗談で言っていましたが、冗談が冗談でなくなりそうな勢いでした。

 サツマイモは肥料がいらないそうなので、原因は6、7月の日照不足かなー。

 ただ、じゃがいもは豊作でした。

 伴実さんいわく「じゃがいもが豊作な年はサツマイモがダメで、じゃがいもがダメな年はサツマイモが豊作」らしいです。

 何か因果関係でもあるのかなー。

 心配になって私のサツマイモを掘ってみると、1つは、まあまあのサイズで他は小さくてダメでした。

 「サツマイモに肥料をやると一つのイモだけ、大きくなって、他のイモは小さくなってしまう」とお昼に聞いていました。

 それを知らず肥料をやっていたので、私の場合はこれが原因なのは間違いないようです。

 

|

« 玉ネギ定植 | トップページ | NPO法人設立総会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/12342143

この記事へのトラックバック一覧です: 玉ねぎ植え付け:

« 玉ネギ定植 | トップページ | NPO法人設立総会 »