« NPO法人設立総会 | トップページ | 寒い! »

2006/10/21

山芋

 今日はお昼に仙台駅東口付近にある「くろく」というラーメン屋でお昼を食べた後、畑に行きました。ここの店長は東京の高田馬場にある「わたなべ」という店で修行したそうです。

 ラーメンフリークの私は「わたなべ」で行列に並んで、ラーメンを食べたことがあります。かなりおいしかった記憶があります。

 「くろく」のラーメンはちょっとしょっぱい気がしました。「純蓮」の仙台店もめちゃくちゃしょっぱいと思います。もう少ししょっぱくなかったら、すごくおいしいと思うんだけど・・・

 ただ、若い男の人は「純蓮」のかなりしょっぱいスープを全部飲み干していました。

 味覚の違いでしょうか。せっかくいい素材を使っているのに残念です。今度注文するときは、「味薄め」にしてもらおう。

 午後から、畑に行き、ベランダで育てた玉ねぎの苗を定植しました。これで、すべてのマルチの穴に玉ねぎの苗を植えることができました。

 苗はかなり小さいけど、小さい玉にしかならなかったら、自給用にすればいいやと思って植えました。

 玉ねぎの種から芽が出るとき、かなり不思議な芽の出方をします。

 芽はネギのようにひょろっとした細長い葉が、二つ折りになって出てきます。

 二つ折りのまま3cmぐらいに成長すると、種から芽の先端が抜け出て、1本のまっすぐな葉になります。そうなると急に長さが倍の長さになります。

 葉の真ん中には、折れ目がついています。大きくなると折れ目は消えました。

 今度は畑にちゃんと撒いて、苗を買わなくて済むようにしよう。

Imgp4156
 その後、山芋を掘ってみました。スコップで山芋の周りの土をほぐし、移植べらでかき出しながら堀り進めました。

 山芋は土と同化していて、遺跡を掘り出すように、移植べらでていねいに掘りました。

 掘っても掘っても先端にたどり着かず、スコップで山芋を少し削ってしまいました。

 移植べらで山芋を掘り出すときも、どうしても削ってしまいます。商品になるように掘るのはかなり大変そうです。

 ようやく、先端にたどり着きました。山芋の長さは40cm、掘った穴は50cmでした。

 スーパーで売っているのに比べると小さいけど、1本掘り出すのにかなりの労力と時間がかかります。

 50本くらいは植えたので、これを堀りだす仕事も果てしなさそうです。

 ただ、堆肥だけで育てたもので、色が白く、削ってしまった感触も「シャクッ」という感じで、かなりおいしそうです。

 トロロにして早く食べよう。


 

|

« NPO法人設立総会 | トップページ | 寒い! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/12365091

この記事へのトラックバック一覧です: 山芋:

« NPO法人設立総会 | トップページ | 寒い! »