« 畑の片付け | トップページ | BB弾 »

2006/11/28

サル被害による大根退避

 今日の朝、大滝自然農園の大根がサルの軍団に100本ぐらいやられました。

 そこで、大根を抜き、畑に埋ける作業を急遽やることになりました。

 大滝自然農園の上の畑は山すそにあるにもかかわらず、サルに発見されておらず、今まで被害がなかったのですが、サルの追い上げにより、山の方に逃げたサルが降りてきたようです。

 大根を埋けるのは、いつもは、雪が降る直前の12月中旬頃にやるのに・・・

 雨の中、泥だらけになりながら、大根を抜き、軽トラックに乗せ、下の畑に運び、そこに埋けます。

 畑の中に軽トラックを入れて、大根を運び出していたら、とうとうぬかるみにはまり、スリップしてしまいました。

 午後から軽トラックで引っ張り、6人がかりで押してようやく脱出しました。

 下の畑では、くわで溝を掘り、そこに大根を並べ、スコップで土をかぶせていきます。

 水分を含んだ土は重いし、足元はぬかるむしで、大変でした。

 1時間ほど埋けていると、茂さんが来て、作業中止の指令が出ました。

 土が雨でずっぽり濡れていると、寒さで土が凍ってしまい、大根も凍るそうです。

 被せるのは乾いた土でないとダメとのこと。

 こういうのは経験豊かでないとわからないです。

 大根畑は電気柵をしたようです。

 大滝自然農園の大根畑はおそらく3反分くらいあるので、電気柵を張るのも大変そうです。

 上の畑は、1haぐらいありそうなので、サルが来だしたとなるとかなりやっかいです。

 「飼い犬の「ムム」を上の畑に放したらいいんじゃないか」という話が出ました。

 野良犬がいなくなったから、サルや熊などが人家近くで悪さをするようになったという説もあります。

 ラブラドール・レトリバーの「ムム」が凶暴なサル軍団に勝てるかは、ちょっと疑問だけど・・・

 

 

 

|

« 畑の片付け | トップページ | BB弾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/12857007

この記事へのトラックバック一覧です: サル被害による大根退避:

« 畑の片付け | トップページ | BB弾 »