« 雪菜定植 | トップページ | 借りる畑 »

2006/12/13

大根埋める

 今日、午前中、私の畑の大根を抜き、土に埋けました。

 こうしておくと、雪の下から掘り出し、掘り出しして、4月頃まで、大根が食べられます。

 生協に出荷する大根は、葉つきのものにしたいので、50本ほどは抜かずに、残しておきました。

 30mの畝に大根の種を1袋撒いたのですが、本数を数えてみると、100本の大根がありました。

 猿にやられたり、出荷したりして、元々、150本ほどの大根があったようです。

 この畝で何本の大根ができるとか、何kgのじゃがいもができるとかがわかってくると、便利です。

 今のところ、把握できているのは、大根のみですが・・・

 17日~18日にかけて、山では10cmの積雪、仙台市内でも積雪があるとの予報が出ています。

 秋保の畑だと、5cmぐらい積もるんじゃないかな。

 一過性の寒波らしいのですが、畑にはまだ、カブと京菜があります。

 1月ぐらいまでは、少しづつ出荷したいのに・・・。クリスマス寒波と正月寒波は来るんだろうか?

 局地的な1ヶ月予報があるといいのにと思います。

 ただ、去年の今頃は、野菜はすっかり雪の下だったので、贅沢は言えません。

|

« 雪菜定植 | トップページ | 借りる畑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/13056643

この記事へのトラックバック一覧です: 大根埋める:

« 雪菜定植 | トップページ | 借りる畑 »