« 初滑り | トップページ | 写真撮影 »

2006/12/08

農業委員会

 今日、畑を借りるための「農地法3条許可申請書」の下書きの修正のため、市の農業委員会に行きました。

 農業委員会には、畑の利用計画の相談に1回、申請書類の受け取りや下書きの提出など申請がらみで3回行っています。

 ようやく、書類の最終形ができました。

 新規就農の場合、経営計画も出さなければなりません。

 おもしろいと思ったのは、新規就農して生活が破綻しないか、チェックするために、農外所得を含めて、家計全体の収入と支出の計画を出すことです。

 「兼業じゃないと、生活できないでしょう」というニュアンスで言われましたが、まったく、その通りです。

 研修する前に、5年後の目標の農業所得が300万円になるように、県から指導があり、そのように作ったのですが、今から思うとそれもすごい数字です。

 平均で所得が25万円/月で、収入が41万円/月になります。自分で作っていながら、「それはないだろう」と、突っ込みたくなります。

 せめて、農業だけで、食っていけたら、農業をやる人がもっと増えると思うけど、農業だけで生活するのは、難しそうです。

 最近、生協に少しだけど野菜を出しているので、200円弱の野菜を売るのに、いかに手間がかかるかが身にしみています。

 「大根を148円に値付けしたけど、168円にすればよかったかなー」と主人に言うと、「たった、20円じゃん」と一蹴されてしまいました。

 サラリーマンから見ると売り上げで20円/本、100本で2000円とうい差はゴミみたいなものだと思います。

 私も2年前だったらそう思ったでしょう。

 2年の研修を経て、「すっかり、頭が切り替わったなー」とつくづく思いました。

 ようやく農家の仲間入りができそうです。

 

 

 

 

 

|

« 初滑り | トップページ | 写真撮影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/12985956

この記事へのトラックバック一覧です: 農業委員会:

« 初滑り | トップページ | 写真撮影 »