« 伝統野菜 | トップページ | 春? »

2007/01/23

ハウス作り

 今日は、鶏糞堆肥を入れて切り返すためのハウスを作りました。

 鶏小屋の鶏糞は、地面にどんどん堆積しており、それを毎年、掘り出して、発酵鶏糞堆肥を作っています。

 いままでは、鶏小屋の空いている場所で発酵させていたのですが、今年はその場所が荷物置き場になっているので、ハウスを作っています。

 鶏糞の掘り出しは冬の大事な仕事になっています。

 スコップで堆積した鶏糞を袋に移し、それを切り返す場所に運び、またまた、スコップで切り返しをしています。

 鶏糞には、菜種油のカスや茹でた大豆くずなどを入れていて、1tぐらいの量になります。

 すべて人力で行っている所が、大滝自然農園のすごい所です。

 人だけは、いっぱいいます。

 機械化による効率化ではなく、いっぱいいる人の仕事を確保するようにしているのでは?・・・・と思ってしまいます。

 かなり重労働な上、臭いとほこりがすごいので、あまり、やりたくありませんが・・・。

Imgp4352

 ハウスは10mぐらいの奥行きですが、中古のパイプのため、ゆがみが出ていて、サイドの直管パイプと地面にさしているパイプの間が開いており、それを連結するのに苦労しました。

 3人がかりで、力づくでパイプとパイプを近づけ、ようやく部品で固定しました。

 部品もゆがんでいるものや違うサイズの中から、選ばなくてはいけないし、無い部品は探しに行ったりして、時間がかかります。

 今日は、サイドの2本の直管とビニペット2本を取り付けました。

 それでも、結構進んだみたいです。

 みんな、だいぶ形になったと喜んでいました。

 みんなで力を合わせてやるハウス作りは、形がどんどんできあがっていくし、気持ちが一つになるので結構好きです。

 研修は1月で終わりなので、こんな風にハウス作りをすることも、もう無いかもしれません。

 ちょっと、寂しい気がします。


 

 

 

|

« 伝統野菜 | トップページ | 春? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/13631386

この記事へのトラックバック一覧です: ハウス作り:

« 伝統野菜 | トップページ | 春? »