« インファーマー交流会 | トップページ | 有機農家見学 »

2007/02/13

開墾地の草刈り

 今日は、開墾地の草刈りをしました。
 
 去年は1m以上の積雪があったのに、今年は、積雪0です。

 おかげで、この時期から草刈りができました。

 草といっても、1mぐらいの高さの枯れ草(硬い草)や地面を這う藤つる、バラの枝、カヤなどです。

 44aの広さですが、渡辺さんとふたりで12時半から17時までかかってすべて刈りました。

 刈り払い機を長時間使うと、私の場合、左の腰と肩が痛くなり、顔がゆがんだ感じがします。

 草刈は久しぶりだったので、かなり疲れました。

 けど、すっきり、きれいになりました。

Imgp4403

 ここは眺望がすばらしく、ピクニックにも最高の場所です。

 1箇所、去年はなかった、バラ科の枝が群生しているところがありました。

 隣の畑の人によると「熊苺だ」とのこと。

 クマイチゴ?聞いたことないです。

 枝はラズベリーのシュートような感じで、トゲがあります。

 HPで調べると、「熊が食べるからクマイチゴ。日本のお山が豊かだった頃、ツキノワグマも幸せでした。」とありました。

 ラズベリーのような赤い実をつけます。人間も食べられるそうです。

 仕事が終わって、農園の名前の話になりました。

 渡辺さんの奥さんには「こぐま農園より、くまっこ農園の方が、まだまし。」と言われたそうです。

 私の主人には「くまっこ農園?だっさー」と言われました。

 「熊苺がなっているし、やっぱ、くまっこ農園がいいんじゃない?」と言うと、

 渡辺さんは「有機農園で他にはこの名前は使ってないだろうし、インパクトがあるかも。」とのこと。

 「子どもやお年寄りに覚えてもらいやすい、親しみやすい名前だし、ちょっとださいけど、オリジナリティはあるよ。」と説得してみました。

 渡辺さんも最初考えてた「秋保の里農園」と「くまっこ農園」だったら、「くまっこ農園の方がいいかな」とのこと。

 秋保でやっているということがわかるように、「秋保くまっこ農園」にするか、となりました。

 ふたりの気が変わらないうちは、とりあえず「秋保くまっこ農園」になりそうです。

 

 

 

|

« インファーマー交流会 | トップページ | 有機農家見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/13895561

この記事へのトラックバック一覧です: 開墾地の草刈り:

« インファーマー交流会 | トップページ | 有機農家見学 »