« 落ち葉取り | トップページ | 写真撮影 »

2007/03/17

育苗ハウス作り

 2週間ほど前、ぎっくり腰になり、しばらく農作業を休んでいました。今週の月・火は大雪で、水・木・金とサンサンファクトリーの補助金申請書類を作っていて、今日は久しぶりの農作業でした。

 先日、開墾地の隣に住むこういちさんが、使っていないハウスを使ってもいいということで、今日は、ハウス作りをしました。

 ベニペットをつける作業は昨日、渡辺さんがやっており、今日は雪が降っていましたが、風は無く、ビニールを張りました。

 まず、一番下の段に張り、スプリングで止めます。次に、中段を張り、仮止めします。

 屋根に一番大きなビニールを広げていきます。

 中央に線があるので、それを頂上の直管パイフにあわせると、ずれる心配もいりません。

 妻面の最上段をスプリングで止め、反対側の妻面から引っ張ってピーンと張ります。

 あとは、スプリングで止めていくだけです。

 隣の業者が作ったこういちさんのハウスを参考にしながら、進めました。

 特に、妻面はビニールを中央にしぼるような形になっていて、ダーツのようなしわをつくりながら、スプリングで止めてありましたが、これは、プロの技という感じです。

 もともとの骨組みがゆがんでいるので、多少のゆるみがあったり、妻面のしぼり具合が不均一だったりしましたが、なんとかできました。

 間口2間半、長さ10mの小さなハウスですが、スプリングを止めるのに力がいり、明日は間違いなく、筋肉痛になりそうです。

 午後からかなり雪が降ってきたので、竹のつっかい棒をハウスの中に立てました。

 下側のビニールの裾は、土をかぶせ、風で飛ばされないようにしました。

 このハウスは地面を少し掘った低いところに立っているので、水がじゃんじゃん入るそうです。

 後は、扉をつけ、雪が解けたら、側溝を掘らなきゃ。

 月曜日にようやく、本格的に種まきができそうです。

|

« 落ち葉取り | トップページ | 写真撮影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/14292607

この記事へのトラックバック一覧です: 育苗ハウス作り:

« 落ち葉取り | トップページ | 写真撮影 »