« 大東岳、初冠雪 | トップページ | 畑に初雪 »

2007/11/18

ヤーコン収穫

Yakonnsyuukaku
 
 昨日、ヤーコンの収穫をしました。

 仙台の最低気温がこの冬一番の寒さとなり、秋保の畑は強い霜が降り、初氷も張っていました。

 ヤーコンやピーマン、ズッキーニ、ししとうといった夏野菜の葉や実は、のきなみ霜にやられ、一度、凍って、解凍され、とろけた状態になっていました。

 夏野菜に比べ、白菜、キャベツ、菜っ葉、大根、カブ、人参などの冬野菜は、霜にあたると、一段と甘みがのってきます。凍らないように、水分中の糖度を増すためです。

 真冬になると、ハウスの菜っ葉も凍り、朝は収穫できないので、解凍をまってから、収穫するほどです。不思議と、とろけたりしません。

 土の中にできるヤーコンの芋は、霜がおりてもだいじょうぶでした。

 ヤーコンは3畝あります。1畝はすでに掘っていたので、残りの2畝を掘りました。

 渡辺さんが、ヤーコンの茎を持って、そのまま引き上げていきましたが、かなり、力がいるようで、休み、休みやっていました。

 私は、掘り出したヤーコン芋を、根からはずし、コンテナに入れる作業をしました。

 去年より、芋のつき方は悪いようですが、植えた量が多いので、大量です。収穫したてより、しばらくおいた方が、甘さが増すので、ハウスに並べて干しておきます。

 キンピラや醤油漬けにすると、とてもおいしいです。

 最近は、オリゴ糖が多く含まれている健康野菜ということで、注目を浴びるようになりました。

 便秘解消にもってこいの、ありがたい野菜です。

|

« 大東岳、初冠雪 | トップページ | 畑に初雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/17106776

この記事へのトラックバック一覧です: ヤーコン収穫:

« 大東岳、初冠雪 | トップページ | 畑に初雪 »