« 注連縄作り | トップページ | あけましておめでとうございます »

2007/12/26

つぼみ菜定植

 今日はハウスにつぼみ菜を定植しました。

 つぼみ菜を定植するのは、1畝で長さ4間分を残してありました。

 まず、マルチを張るために、くわで畝たてをしました。そして、マルチを引っ張って、くわでマルチの端に土をのせていきます。

 久しぶりに一人でマルチを張りました。

 短い長さと、ハウス内で無風なため、なんとかなりました。

 その後、じょろで水をやり、定植しました。

 ハウス内はトンネルをかけていたので、あまり乾いていないのですが、定植する部分はトンネルをかけていなかったので、カラカラでした。

 つぼみ菜は、花のつぼみがついた茎を食べます。

 甘くて、おいしいです。

 苗が余ったので、グリーンカールのようにハウスの端っこに植えようかなと考えています。

|

« 注連縄作り | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

無農薬は当たり前?と徐々に定着している現在、新鮮なお野菜に愛情たっぷりの家庭菜園も増えつつあるようですね。今年は偽装問題で世間を賑わして何を信じていいのか・・・本当に怖い世の中になりましたね。益々自分流が発展するでしょう。

投稿: 彩@無農薬野菜農家嫁ぎ中 | 2007/12/27 10:47

現在、大学の授業で「農業とIT」をテーマに未来の日本の農業の形態を考えています。私達のグループでは、未来の”有機農業”についてみんなで意見を出し合っています。
 例えば、最近家庭用PCが普及したことで、ネットショッピングを利用する人口が増えています。そこで私たちはこのネットショッピングを使うことで、有機野菜の需要がもっと伸びないだろうか、と考えました。様々な年代、職業の方からこの考えに対する意見を伺ったところ、ネットショッピングで野菜を購入することに抵抗感を感じる方が思いのほか大勢いることがわかりました。理由として一番多かったのは「野菜を実際見てみたい」というものです。私の個人的な意見としては、この理由は売り手と買い手との間の信頼関係が成立していないから挙げられたと思うのです。では、どのようにすれば両者の間に信頼関係を築くことができるのでしょうか。今出ている効果的なアイデアだと思われることは、(実際やっているところもありますが)生産者の顔写真の掲載や野菜の生産過程の紹介などです。後者は、いわゆるトレーサビリティーのことですね。
 もし、他に信頼関係を成立させるために良いと思われる方法がありましたら、私のアドレスに返信してくださるととても嬉しいです。

投稿: 羽根田 | 2007/12/26 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/17486060

この記事へのトラックバック一覧です: つぼみ菜定植:

« 注連縄作り | トップページ | あけましておめでとうございます »