« 畑に積雪 | トップページ | ほうれん草種まき »

2007/12/19

ずいき

 昨日、宅配野菜におまけとして入れた「ずいき」は、里芋の茎を干したものです。

 里芋の茎の薄皮を包丁でむきます。

 薄皮は「すーっ」と気持ちよくむけるのは極わずかで、ほとんどは、茎を包丁で薄く切るようにしかむけませんでした。

 なので、むくのに結構時間がかかりました。

 薄皮をむいたずいきは、割り箸で小さな穴を一つあけます。紐を通して干せるようにするためです。

 ずいきは、トラクター置き場に干していました。

 今日、水でもどして食べてみようと思います。田舎で子どもの頃、味噌汁に入っていたのを食べた以来かな。子どものときはあまりおいしいとは思いませんでしたけど・・・

 懐かしい味になりそうです。

 秋保の田舎で農業をしていると、子どもの頃以来という懐かしい味に出会えます。

 久しぶりに「あけび」を食べたときは、ちょっと感動しました。

 私の舌には、田舎のDNAが刻み込まれているのかもしれません。

 

|

« 畑に積雪 | トップページ | ほうれん草種まき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/17419442

この記事へのトラックバック一覧です: ずいき:

« 畑に積雪 | トップページ | ほうれん草種まき »