« ヨーロッパの有機農家と消費者 | トップページ | 長期保存 »

2008/02/25

キヌサヤ種まき

 週末、仙台は暴風が吹きあれ、くまっこ農園の隣のビニールハウスのビニールがはがされていました。

 くまっこ農園のハウスは無事でした。

 ただ、トラクター置き場の小屋の柱にしているパイプが片側3本すべて、持ち上げられていました。

 パイプの柱には、波板を張って、壁にしていました。屋根も波板です。
 
 パイプは60cmほど、土に打ち込んでいたのに、抜けてしまうとは・・・
 
 風の力はすさまじいです。

 ただ、渡辺さんの怪力により、一度、抜けたパイプを小屋ごと持ち上げ、土に埋め戻したみたいで、実害はありませんでした。

 農業にとって、風は、ビニールが飛ばされたり、野菜の葉っぱや実が揺すられて、傷ついたりと、被害が出るので、大敵です。

 仙台は政令指定都市では最も風が強いまちだと聞きます。

 特に、秋保は冬の間は冬型の気圧配置による北西風が強く吹き下ろし、この時期から春にかけては、南岸の低気圧の発達に伴う、南東の風が暴風になります。

 ただ、こればっかりは、どうしようもありません。

 今日は、ハウスに植えるキヌサヤの種まきをしました。

 20日は、キャベツとブロッコリーの種まきをしました。

 いよいよ春野菜の種まき開始です。

 今週、踏み込み温床を作り、3月頭からは、ナス、ピーマン、トマトなどの夏野菜の種まきが始まります。

 いよいよ、今シーズのスタートといった感じです。

 


 

 

|

« ヨーロッパの有機農家と消費者 | トップページ | 長期保存 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/40261648

この記事へのトラックバック一覧です: キヌサヤ種まき:

« ヨーロッパの有機農家と消費者 | トップページ | 長期保存 »