« キヌサヤ種まき | トップページ | 落ち葉拾い »

2008/02/26

長期保存

 今日は、配達の日です。

 ハウスの雪菜と小松菜、水菜は、2月上旬に夜温が-10℃になったとき、凍ってしまい、一部、葉が枯れてしまいました。

 水菜は、ダメにしてしまいましたが、雪菜と小松菜は、その後、新しい葉が大きくなり持ち直しました。

 その時はかなり、へこんでいたのですが、その後の成長を見て、「野菜は生き物だなー、少々枯れても元気になっちゃうねんて・・・」と思い、こちらも元気をもらいました。

 ただ、寒さにあたった後、だいぶ暖かくなったり、日が長くなるにしたがって、抽台(花が咲くよう、茎が伸び上がること)しかけてきました。

 雪菜は今日で、収穫し終わり、小松菜ももう少ししか残っていません。

 ただ、2回転目の赤からし水菜の成長が早く、うまく、バトンタッチできるんじゃないかなーと思っています。

 菜っ葉はなんとかいけそうです。

Yukisitaninzinsyou
 

 大根、人参は、土にいけて、その上から雪が積もっているので、長期保存が可能で、少しづつ掘り出して出荷しています。

 ただ、ヤーコンやさつまいもなどの芋類は寒さで凍みて、かなり腐らせてしまい、じゃがいもやかぼちゃもだいぶ数が少なくなってきました。

 品数が不足すると、どうしても知り合いなどの有機農家から仕入れざるをえません。

 その場合は、お客様にお知らせしています。

 今年は、2mぐらい地面を掘り、土室を作って、そこに芋類を保存できるよう計画しています。

 というか、くまっこ農園の最重要課題となっています。

 雪が溶けたら、ユンボをかりて、さっそくとりかからないと・・・

 

 

|

« キヌサヤ種まき | トップページ | 落ち葉拾い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/40278512

この記事へのトラックバック一覧です: 長期保存:

« キヌサヤ種まき | トップページ | 落ち葉拾い »