« 落ち葉拾い | トップページ | トマト種まき »

2008/03/02

踏み込み温床作り

 金曜日に踏み込み温床作りをしました。

 踏み込み温床は、切りわら、落ち葉、米ぬかを混ぜ、水をじゃぶじゃぶ入れて、足で踏み込むと、それが発酵し、その発酵熱によって、温度があがるという仕組みです。

 夏野菜の種は温度が20℃くらいないと、発芽しないので、温床を作ります。

 最近は電熱線を使うので、踏み込み温床をする人は少なくなってきました。踏み込み温床は昔ながらの知恵ですね。

 温床の大きさは1.8m×5.4mぐらいです。
Kiriwara

 まず、わらを押し切りで、5cmぐらいの長さに切ります。わらは、おととし、無農薬栽培のお米を作ったときのものを使いました。

 わらは軽トラで2台分です。

 ハウスの中は25℃くらいあり、押し切りの作業は汗だくです。

 わらを半分弱くらい切ったところで、トマトはハウスに植えるので、3月頭に種まきするけど、その他のは、3月20日くらいに露地に定植するというのに気づき、トマトの分だけ温床を作ることにしました。

 トマトは300粒ほどなので、苗箱に2枚分ほどです。

 急遽、温床の枠を波板で区切り、小さいスペースで作りました。

 落ち葉は軽トラ1台分、米ぬかは12袋くらいありました。そのうち、使ったのは1/6ぐらいです。

 切りわらと落ち葉と米ぬかを投入し、手でよく混ぜました。

 水をホースでまき、足で踏み込みました。

 温床の枠の中をぐるぐる回りながら、足踏みしていると、息があがってきます。

 まさに、アグリ・ダイエットです。

 踏むと水が足元まであがってくるようになるまで、水をいれました。

 落ち葉などが、温床の枠の高さいっぱいにあったのに、半分ほどになりました。

 これで、発酵が進み、温度が上がると完成です。

 うまく、発酵するといいんだけど・・・

Onsyoudukuri
Humikomi


 

 

|

« 落ち葉拾い | トップページ | トマト種まき »

コメント

そんなに、そわそわ、ワクワクと待っていて下さっていたなんて・・・感激です。

ブログでの情報発信で、日々の畑の様子がわかるようにしています。

お客様から依頼されて、野菜を作っているという意識でやっています。

自分の畑だと思って、ブログを見てくださいね。

投稿: よしだ | 2008/03/05 19:48

はじめまして〜♡
先日、宅配をお願いしたものですが、
今日は火曜日。。。
あと、1〜2時間!
もうすぐ、新鮮なお野菜が届くと思うと、
落ち着かなくて。。。。。
心を込めて作られた、安心安全なお野菜に
早く逢いたいです☆
また、時々こちらに寄らせていただきます!!

投稿: 金太郎のママ | 2008/03/04 16:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/40342532

この記事へのトラックバック一覧です: 踏み込み温床作り:

« 落ち葉拾い | トップページ | トマト種まき »