« スナックエンドウ定植 | トップページ | トマト仮植 »

2008/04/02

強風被害

Torakutakoyatoukai

 昨日の暴風は、怖いほどでしたね。

 朝、畑に行ってみると、何とトラクターを置いている物置小屋が、30mも吹き飛ばされ、トラクターが横転していました。

 昨日の時点では、パイプの柱の片側が抜けていました。

 地主さんの話によると「夜、見たときはまだ建っていた。夜中にやられたんだなや。」とのこと。秋保は夜中も風がすごかったそうです。

 前回の暴風のときは、柱の片側が抜けただけでしたが、今回は、もっと、すさまじかったようです。

 足場パイプで骨組みを作り、トタンで屋根や壁をつけていた小屋が、重いトラクターをなぎ倒し、飛ばされるなんて・・・

 ただ、構造的には、3面が壁に囲まれ、トラクターの出入りする面が開いているので、風をはらみやすい構造でした。

 また、今回は、周辺の家も被害が出ました。

 近所の農家のパイプハウスもパイプごと持ち上げられて、飛ばされ、道路まで転がりました。

 くまっこ農園の作業所を貸してくれている家では、いぐねの杉が3本も根元から折れ、その内、1本が屋根を直撃して、屋根がへこみました。
Sugitoukai


 杉の木は高さ20mぐらいはある大木です。

 トタン屋根の別の部分には、杉の枝が突き刺さっていました。

 こんなのが、飛んできて、頭にでも刺さったら、たまったもんじゃないです。

 隣の栗林では、枯れた木が根っこごと何本も倒されていました。

 小屋は渡辺さんが、1週間かけて作ったもので、渡辺さんはかなりへこんでいました。

 今日はとりあえず、小屋の解体と、散乱した物の片づけをしました。

 今度、作るときは、抜本的に変えようということになりました。

 ・トラクターを置く小屋と物置を分けて作る。トラクター小屋は屋根のみにして、壁をつけない。物置小屋は、四方を壁でふさぐ構造にする。

 ・小屋の位置を、奥の林のそばに移す。

 ・パイプの柱が土から抜けないように、柱に直角に鉄の棒をつける。(これをつけると、全然違うらしい。「この辺の人は、みんなそうやっているよ」と作業小屋の地主さんに教えてもらいました)

 4月中には作りたいです。

 

|

« スナックエンドウ定植 | トップページ | トマト仮植 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/40739561

この記事へのトラックバック一覧です: 強風被害:

« スナックエンドウ定植 | トップページ | トマト仮植 »