« 有機農業研修生 | トップページ | 青ばた豆のたねまき »

2008/05/30

青虫とり

Aomusi


 今日は、寒かったですねー。宮城県の風物詩、やませで霧雨です。秋保では、お昼頃でも7℃しかありませんでした。

 日本海側の秋田では、 晴れて、20℃を超えたそうです。日本海側に行きたい!

 畑仕事ができないので、午前中、キュウリの仮植をしました。
 
 畝が余ったので、追加で23日に種をまいていました。
 
 その後、キャベツの青虫をとりました。去年の秋のキャベツはかなり、青虫にやられたので、そのリベンジです。

 青虫はキャベツの5個に1個くらい、いました。

 虫くい跡のある、キャベツのみ青虫を探しました。

 ただ、虫くい跡もあり、真新しいふんも落ちているのに、青虫がいないものもあります。

 隣に移ったか、鳥や別の虫に食べられたのか・・・・

 ブロッコリ-とキャベツが混じって、植わっているのに、ブロッコリーはほとんどやられていません。

 葉っぱは、どうみても、キャベツの方が柔らかく、おいしそうです。

 でも、苗の段階では、キャベツとブロッコリーを区別するのは、難しいです。

 紋白蝶が卵を葉っぱに生み付けるときに、この2つを正確に区別しているのかなー?不思議です。

 キャベツの葉には、水滴がたまっていました。たまった水滴は5cmくらいの長さがあり、かなりこんもり盛り上がっていて、銀色に輝き、液体というより、ゼリー状に見えます。

 これもまた、不思議な水滴に見えました。

 キャベツは結球しかけています。これで、すくすく育つといいんだけど・・・

Suiteki


 

 


 

|

« 有機農業研修生 | トップページ | 青ばた豆のたねまき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/41372512

この記事へのトラックバック一覧です: 青虫とり:

« 有機農業研修生 | トップページ | 青ばた豆のたねまき »