« 人参間引き | トップページ | じゃがいも袋詰め »

2008/09/22

第2回くまっこ倶楽部交流会やったよ

 9月13日、第2回くまっこ倶楽部交流会を行いました。

Pimannsyuukaku
Okurasyuukaku


 最初、夏野菜の収穫体験ということで、ピーマンとオクラを収穫しました。子どもたちには、収穫用に腰カゴをつけてもらいましたが、結構気に入ったみたい。似合ってたし・・・

 ピーマンは赤く完熟したものがたまにあり、子どもたちはそれを狙って収穫していました。オクラは、実を収穫したら、そのすぐ下の葉っぱを切り落とします。

 日当たりや風通しをよくするためです。

 最初とまどっていましたが、すぐ慣れ、まるで職人のように、実と葉っぱをドンドン切っていきました。

 ピーマンもオクラも、いっぱい収穫できました。

Ninzinkusatori

 次は、人参の間引きや草取りをしました。

 人参は、くっついて生えている部分を指2~3本分くらいの間隔に間引きします。

 なんか、もったいないような、かわいそうな感じだったみたいですが、間引きしないと、大きくならないと聞き、一生懸命間引きをしていました。

 間引きをする体勢は、中腰で前かがみになるので、時間がたつと、かなりきつくなったようです。

 私は、片膝をつきますが、それでも結構きついです。

 「大変な作業ですね」とか「残さず野菜を食べないとね」といった声を聞きました。

 間引きした人参はまだ、小さいですが、葉っぱは柔らかく、細かく刻んで炒めると食べられるので、持って帰っていただきました。

 お昼は収穫した野菜などでバーベキューをしたり、ニジマスを炭で焼いて食べました。

 子どもたちは、最初、火おこしを手伝っていましたが、そのうち、沢水を流しっぱなしにしているホースの水を遠くに飛ばす遊びに夢中になっていました。

 当然、全身びしょぬれです。

 こんな遊びも、なかなか体験できないようです。

 その後、くまっこ農園で採れたスイカでスイカ割りをしました。

Suikawari

 子どもたちが3人挑戦して、最後に見事に割ることができました。

 スイカもおいしくいただきました。

 農業体験やアウトドア体験は、子どもたちが本当にイキイキしていて、見ているこちらも楽しくなります。

 子どもたちが将来、畑での楽しかった思い出を原体験として記憶に残してほしいです。

 そうすれば、大人になったとき、「畑は大切な場所なので、守らないと・・・」という意識も芽生えると思います。

 今回はその作戦は成功したみたい・・・。

|

« 人参間引き | トップページ | じゃがいも袋詰め »

コメント

食育ですね。これからも頑張って下さい。

投稿: 大郷の高橋です | 2008/09/25 12:20

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第2回くまっこ倶楽部交流会やったよ:

« 人参間引き | トップページ | じゃがいも袋詰め »