« あずき脱穀 | トップページ | 生落花生 »

2008/10/26

第3回交流会やったよ

Imohori
Ninzinsyuukaku
Makiwari
Yakiimo


25日に19人が参加し、第3回くまっこ倶楽部交流会を行いました。

まず、いも煮に使う、里芋を掘りました。里芋がどんな風になっているか、初めて見る人ばかりで、「親芋、小芋、孫芋、なかには、ひ孫まである」と説明すると、笑いがおこっていました。

いよいよ、さつま芋掘りです。

大きないもがいっぱいついていて、いもを折らずに掘るのに苦労しているみたいでした。

5本くらいついたいもの全体を、発掘するみたいにきれいに土から掘り出していて、いもの赤色がとても鮮やかなので、何か芸術品のように見えました。

1本、1本掘り出すのではなく、いもの全体像を土を掘って明らかにして、グッと力を入れて全部を一気に引き抜く・・・・

特に、おとうさん方は、夢中のようでした。

子どもたちも大喜びで掘っていました。

さつまいもの畝は、2畝ありましたが、ほとんど掘り尽しました。

次に、おみやげ用の人参を収穫しました。なるべく大きい人参を抜くようにと言うと、葉っぱやその根元を見て大きいのを狙っていました。

特に子どもたちは、土の中からスポっと抜く感覚や、出てくる人参を見るのが、おもしろかったようで、いっぱい抜きたいと言って、抜いてもらうことにしました。

また、まき割りをしたいという子がいて、まき割りもしました。

収穫体験でかなりおなかが減ったところで、いも煮のお昼ごはんです。

いも煮の野菜は、里芋、白菜、ごぼう、ねぎ、人参、大根とすべて農園で採れたものです。

掘ったいもは、濡れた新聞紙とアルミにくるみ「焼き芋」にしました。

会員同士、特に子どもたちはすぐ仲良くなって、お友達になったみたい。

今日の感想を聞かせてもらうと、

・畑でリフレッシュできた。
・楽しかった。
・肩こりが治った。
・子どもが野菜が好きになった。

と、農を満喫いただきました。


|

« あずき脱穀 | トップページ | 生落花生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/42911756

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回交流会やったよ:

« あずき脱穀 | トップページ | 生落花生 »