« 雪下大根 | トップページ | 人参と大根の収穫体験参加者募集 »

2008/11/21

白菜はちまき

 今日は、白菜のはちまきをしました。
 
 白菜は、雪で押しつぶされて結球しているのが開いたり、頭の部分が凍ってしまうので、開いている外葉を寄せて、頭の部分をわらで縛ります。

 そうすると、頭の部分が凍らなくなるばかりでなく、収穫してハウスの中に保存しておいても、外葉がばらけないため、扱いやすくなります。

 保存のため雪の中に囲うときも、外葉で覆われていると、凍りにくくなります。

 今年は、8月初旬~中旬にかけての長雨で、苗が腐ってしまい数がかなり少ないです。

 購入した苗は、寒さに弱い品種のため、春まで保存できないのではないかと思っています。

 去年は、植えるのが遅くなり、結球しないものが多かったので、2年続けて白菜作りに失敗しています。

 ただ、今年の白菜はバッチリ結球したうえに、1個3kgほどあり、かなり大きくなりました。

 半分に切って出荷していますが、中が黄色く、見るからにおいしそうでした。

 生でも食べられそうです。

 芯の形も半円にちかい形で、これは、「おいしいよ」という形です。じっくり育っておいしくなったみたい。

 芯が長く伸びているものは、肥料が急速に効いた証拠です。

 化学肥料で育ったものは、芯が長く伸びたものが多いですね。

 おいしい白菜かどうかの見分け方のポイントです。

 

 

|

« 雪下大根 | トップページ | 人参と大根の収穫体験参加者募集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/43183433

この記事へのトラックバック一覧です: 白菜はちまき:

« 雪下大根 | トップページ | 人参と大根の収穫体験参加者募集 »