« 専門誌「自然と農業」に掲載されました | トップページ | ほし芋作り »

2008/12/04

大豆脱穀

 昨日、大豆の脱穀をしました。

 11月中旬に、脱穀しようと刈ったのですが、枝が乾いていなかったので、機械に入らないということで、地主さんの軒下で乾かしていました。

 脱穀機は共用のものを借りました。

 ただ、機械が昭和56年に購入したもので、古く、脱穀しても細かな枝がいっぱい入ってしまいました。

 脱穀したものをもう一度、機械にかけ、枝を飛ばしました。さらにふるいでふるいましたが、やはり、小さい枝は残ってしまいました。

 これは、豆を選別するとき、取り除くしかなさそうです。

 去年は、きれいに、脱穀できたのに、だんだん性能が落ちているみたい。

 収量は去年と同じくらいかなー。20kgはありそうです。

 栽培面積は増やしたのに、あまりさやがついていなかったです。無施肥なのに、残肥が多っかったためか、ややつるぼけでした。

 大豆は、夏に枝豆として出荷した「秘伝豆」です。これを「青ばた豆」として、冬~春にかけて出荷します。

 この「青ばた豆」は塩茹ですると、とてもおいしく、豆ごはんやサラダのトッピングにするといいです。

 野菜が少なくなる季節に貴重な1品になります。

 

|

« 専門誌「自然と農業」に掲載されました | トップページ | ほし芋作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/43319166

この記事へのトラックバック一覧です: 大豆脱穀:

« 専門誌「自然と農業」に掲載されました | トップページ | ほし芋作り »