« 第4回くまっこ倶楽部交流会やったよ | トップページ | みるみる積もる雪(秋保のみ) »

2008/12/20

里芋の孫芋

 今年は、里芋をいっぱい植えたので、豊作でした。

 ただ、貯蔵庫がないため、隔週で出荷していたら、そろそろ終わりそうです。

 里芋は追肥が肝心で、今年は、芋が大きくなり、うまくいきました。

 出荷しているのは、子芋と子芋にくっついている孫芋です。

 孫芋は親指の先くらいと小さいので、皮がむきにくくめんどうですが、子芋よりさらにねっとりして味が濃いです。

 前から、孫芋は特にうまいと思っていました。

 そしたら、この前、研修先農家から、孫芋のみを京都の料亭に出荷している農家があると聞きました。

 高級食材らしいです。

 うーん、さすが、目の付け所が違うと思いました。

 庶民には、孫芋だけを食べるという発想自体が出てきません。

 小さい孫芋だけがちょびっと小鉢に持ってあって、上品に食べるんだろうなーと想像できます。

 やっぱ、大きな子芋を、芋煮にして、がっつり食べるほうが、食欲中枢を刺激しておいしいと思う。きっと、そうだ!

 親芋は出荷していませんが、食べられるし、以外と柔らかくおいしいです。

 今は、捨てているので、何か活用法を考えたいです。

 食べられるものを捨てるのは、もったいないですからね。

 

|

« 第4回くまっこ倶楽部交流会やったよ | トップページ | みるみる積もる雪(秋保のみ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/43475096

この記事へのトラックバック一覧です: 里芋の孫芋:

« 第4回くまっこ倶楽部交流会やったよ | トップページ | みるみる積もる雪(秋保のみ) »