« 菜っ葉の苗植え付け | トップページ | 育苗の枠作り »

2009/02/18

コンパニオンプランツ

Mugi
 

 コンパニオンプランツとは、植物同士をうまく組み合わせて、病害虫や雑草による被害をなくしたり、減らすことを言います。 

 去年の有機農家の講演会で、大麦をハウスのサイド植えて、アブラムシを防除する方法を知り、さっそくやってみました。

 去年の5月~6月に育苗ハウスでアブラムシが大発生し、キュウリやナス、かぼちゃなどの苗にべったりついてしまい、定植後の生長がうまくいかなかったためです。

 この防除の仕組みは、大麦を野菜より早く大きくして、そこに、ムギクビレアブラムシを発生させます。そうするとアブラムシの天敵であるアブラバチが発生し、野菜が大きくなる頃、その天敵が野菜につくアブラムシをやっつけるというものです。

 ムギクビレアブラムシはイネ科にのみつくので、野菜にはつかないということです。

 うーん、うまい方法です。

 大麦の種を買って、育苗ハウスのサイドにまきました。厚めにまくといいと聞きましたが、麦を作ったことがないので、どの程度かよくわかりませんでしたが、適当にまきました。

 とりあえず、大麦がうまく育ってほしいです。

|

« 菜っ葉の苗植え付け | トップページ | 育苗の枠作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/44103207

この記事へのトラックバック一覧です: コンパニオンプランツ:

« 菜っ葉の苗植え付け | トップページ | 育苗の枠作り »