« 温床作り | トップページ | 玉ねぎ追肥 »

2009/03/23

トマト種まき

 昨日、温床の温度があがっていたので、トマト、ピーマン、ナスの種まきをしました。

 温床は25度くらいで、触るとホカホカしていて気持ちいいです。

 発酵熱なので、人工的な熱ではなく、自然の熱なのでよけいホカホカ加減がいい感じです。

 トマトは、去年と同じ、ルネッサンス、アイコ、フルティカという品種です。

 ナスは去年は、美男という生でも食べられるという水ナスでしたが、病気に弱く、あまり収穫できなかったため、千両2号と築陽というナスに変えました。

 ピーマンは去年と同じ京みどりです。

 夏野菜の種は、苗箱に筋蒔きします。約5cm間隔で金属の板で土に筋をつけ、そこに種を1粒づつおいていきます。

 菜っ葉の極小の種に比べると、5mm幅くらいはあるので、楽です。

 また、今年は、シシトウはやめて、パプリカをまくことにしました。

 シシトウは去年、かなり辛いものが3本に1本くらいあったためです。外見で辛さを見分けられないので、やめました。

 パプリカは雨に弱いので、露地栽培でパイプにビニールを張る予定。

 また、ソルトプラントという新種の菜っ葉をまきました。

 これは、葉っぱに水を含んだつぶつぶがついていて、塩分を吸収するので、ちょっとしょっぱい味がするそうです。

 佐賀県が産地で、テレビで話題になったものです。

 しょっぱい味にするために、塩水をやる必要がありますが・・・・

 どんな味がするのか、今から楽しみです。

 


|

« 温床作り | トップページ | 玉ねぎ追肥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/44446533

この記事へのトラックバック一覧です: トマト種まき:

« 温床作り | トップページ | 玉ねぎ追肥 »