« 玉ねぎ追肥 | トップページ | キャベツ・ブロッコリー仮植 »

2009/04/01

トマト発芽

Aikohatuga2


 3月26日にミニトマトのアイコが真っ先に発芽していました。

 22日に種をまいたので、4日で発芽しました。結構早いかも。

 双葉は長さが1cmもなく、本当に赤ちゃんといった感じです。

 双葉もグングン大きくなります。

 30日には、大玉トマトのルネッサンスや中玉トマトのフルティカ、ナスも発芽していました。

 朝見たときは、全然発芽していないのに、夕方見ると、一斉に発芽していて驚きました。

 一気にくるみたいです。

 温床の温度が低いかなーと心配していましたが、発芽したので一安心です。

 今回の種まき用土は、生長の比較をするために「サカタのタネ」の「有機の土」と「ジャット」の無肥料の土を使っています。

 「有機の土」は高価なので、無肥料の土でうまくいけば、それに統一したいと考えています。

 追肥は有機の液肥でしますが、「有機の土」も「肥切れしてきたら、液肥で追肥してください」とあるので、結果は同じになるのではと思っています。

 菜っ葉も2月27日にまいたものは、無肥料の土で十分いい苗に育ちました。

 そのため。12月中旬と1月下旬にまいた苗の生長が遅かったのは、やっぱり温度不足が原因かなと思うようになりました。

 来年は、踏み込み温床を作る時間があれば、菜っ葉の苗も温床で育てたいです。

 苗作りがうまくいかないと、冬の菜っ葉の出荷にかなり影響が出ます。

 あー、電気があれば、電線で温床ができるのに・・・・

 育苗ハウスには電気がきていません。

 かなり、原始的な農業をやっているかも。

 

 

 

|

« 玉ねぎ追肥 | トップページ | キャベツ・ブロッコリー仮植 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/44534556

この記事へのトラックバック一覧です: トマト発芽:

« 玉ねぎ追肥 | トップページ | キャベツ・ブロッコリー仮植 »