« 夏野菜のマルチ張り | トップページ | 夏野菜植え付け »

2009/05/21

ハウス片付けのはずが・・・

 今日は出荷作業の後、ハウスを片付け、トマトを植える準備をする予定でした。

 ハウスの菜っ葉は今日出荷したレタスが最後でした。

 さあ、片付けと思ったら、ハウスで里芋の芽だしをしていることに気づきました。

 里芋は少し芽が出た状態なので、掘り出したらすぐ植えた方がいいということになり、急遽、里芋を植えることになりました。

 まだ、畝たてをしていなかったので、畝たて、施肥、マルチを張る作業を先にすることになり、ハウスの片付けは明日に延期です。


 昨日、暑さでトマトがしおれていたので、たっぷり水をやった方がいいということになり、タンクに水を汲み水をやりました。

 そのとき、里芋にも水をやりましたが、これを掘り出すということにまったく気づきませんでした。

 ボケてますねー。

 昨日、県の普及センターにハウスの土壌分析を依頼していた結果がきました。

 「前作の菜っ葉の肥料がまだ残っているので、元肥は無しでだいじょうぶで、追肥、追肥でいくのがいい」とのこと。

 去年もそうでした。

 菜っ葉が終わってすぐ、トマトを植えたいので、肥料をやらなくていいというのはかなりのメリットです。それも、すでに分解されている肥料が残っているので、初期段階のトマトの生長がとてもよくなります。

 苦土、カリ、カルシウムのバランスもOKでした。ただ、去年もそうでしたが、リン酸の値が高いので、堆肥や鶏糞など動物性肥料は使わないほうがいいとのこと。

 去年から、ハウスでは「Vガード」というトウモロコシが主成分の植物性肥料を使っています。苗の追肥にもこれを使っています。

 露地だと雨でリン酸も流れるけど、ハウスだとなかなかリン酸の数値が下がらないようです。

 今年も去年同様、元肥というか土壌改良材として、落ち葉堆肥を入れる予定です。

 無農薬のトマトは、病気になりやすく、虫もいっぱいつくので、栽培はかなり難しいです。

 お天気しだいという面もあります。

 ただ、今年は、あまりお天気だけに頼らず、いろいろ工夫したいと思っています。

 そこが有機農業のおもしろい所でもあります。

 やめられません!

 

 

 


 

 

|

« 夏野菜のマルチ張り | トップページ | 夏野菜植え付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/45084419

この記事へのトラックバック一覧です: ハウス片付けのはずが・・・:

« 夏野菜のマルチ張り | トップページ | 夏野菜植え付け »