« 無農薬でアブラムシ退治 | トップページ | 夏野菜のマルチ張り »

2009/05/14

うれしいような、悲しいような・・・

 秋保では4月26日以来、雨が降っておらず、畑がカラカラでした。

 雨が少ないので、露地の野菜がなかなか大きくなりません。ラディッシュなどは、日数的にはもう出荷時期なのに、小さいままです。

 今日、露地の春菊を初出荷しましたが、根っこが浅く抜けそうだったと渡辺さんが言っていました。

 そこで、午前中、タンクに水を汲み、露地の野菜に水をやることにしました。

 後から植えたレタスは、水不足で黄色になりかけていました。

 ラディッシュ、大根葉、小松菜、レタスと1時間ほどで水をやり終えると、なんと、雨がパラついてきました。

 今日は冬型で山形は雨の予報でしたが、仙台は特に雨の予報にはなっていなかったと思ったのに・・・

 しぐれているだけで、たいして降らないかと思いきや、畑が濡れるほど降りました。

 渡辺さんは「うれしいような、悲しいような・・・」とこぼしていました。

 うーん、まあ、降ってよかった・・・ですね。

 


 

|

« 無農薬でアブラムシ退治 | トップページ | 夏野菜のマルチ張り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/45013003

この記事へのトラックバック一覧です: うれしいような、悲しいような・・・:

« 無農薬でアブラムシ退治 | トップページ | 夏野菜のマルチ張り »