« 白菜定植 | トップページ | 第2回交流会やったよ! »

2009/09/10

ピーマン手入れ

Imgp6325
 

 今日は出荷の後、キャベツの土寄せとピーマンの追肥をしました。

 昨日は、ピーマンの枝が実の重さで折れそうになっていたので、それを支えるマイカー線をピンと張りなおす作業をしました。

 ピーマンの枝は実の重さで折れたものもかなりありました。

 マイカー線は畝の端から端まで、ピーマンの枝がのっかるぐらいの高さで張っていました。

 マイカー線は5mおきぐらいに立てた支柱に紐で縛っていて、張ったときはピンとなっていたのですが、枝の重さでたるんでしまいました。

支柱の間隔が狭すぎたようです。

 2mおきぐらいになるように、支柱を追加して立て、それにマイカー線を紐で縛り、ピンと張り直しました。

 また、ピーマンの幹のすぐ脇に支柱をたて、幹を支柱にテープで縛っていましたが、そのテープが切れて、ピーマンが傾いていたので、麻紐で支柱に縛り直しました。

 ピーマンの幹は直径3cmぐらいで、木のように硬くなっています。

 折れた枝は皮1枚でつながっているものもあり、それも生きていて実が付いていましたが、マイカー線に枝をのせたり、幹を立てたりするうちに完全に折れてしまったものも何本かありました。

 やはり、最初から、マイカー線を張るための支柱を2m間隔で立てておかないと、ダメみたいです。

 ピーマンは8月より、9月の方が樹が大きくなっていっぱい収穫できます。

 追肥して、さらにいっぱい収穫しなきゃ!

|

« 白菜定植 | トップページ | 第2回交流会やったよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/46174433

この記事へのトラックバック一覧です: ピーマン手入れ:

« 白菜定植 | トップページ | 第2回交流会やったよ! »