« 大豆収穫 | トップページ | 籾殻くん炭 »

2010/12/06

大根収穫

 大根の収穫体験を4日に予定していましたが、雨で5日に延期にしたところ、参加者がいなくなってしまい、体験は中止になりました。

 今年はいも煮会といい、今回といい天候に恵まれませんでした。

 なので、5日に渡辺さんと二人で大根を収穫し、土に埋ける作業をしました。
Daikonikeru


Tutikabuseru


 大根は秋保の寒さで、土から飛び出ている頭が腐ってしまうため、土に埋けています。

 ただ、毎年、3月くらいになると土に埋けている大根は表面に黒いしみができてしまいます。土に埋けていると鮮度は保たれるものの、これでは出荷できません。

 そこで今年は、蔵王の農家さんから聞いて、葉っぱを切り落とすことにしました。

 その農家は、葉っぱを切り落として、大根を逆さにして土に埋けているとのこと。

 ただ、逆さにするのは、どうも、大根の生理に逆らうように思えたので、逆さにするものと逆さにしないものと試してみることにしました。

 また、地主さんからは、大根にビニールの肥料袋をかけてから、土をかけると大根に石が当らないので、黒いしみができにくいと聞き、それも試してみました。

 それと、毎年やっている、葉っぱ付きのものと5パターンを試してみることにしました。

 その他、土に埋けないやり方を2パターン試しています。

 一つは、おふくろ大根という品種で、頭が土からあまり飛び出さないものを植えたこと。(ただ、おふくろ大根は割れやすいという欠点があります)

 もう一つは、頭が飛び出すタイプの普通の青首大根に、保温資材のタフベルをかけること。

 はたして、どれが一番いいのか?

 3月頃、結果がわかります。

 

 

 


|

« 大豆収穫 | トップページ | 籾殻くん炭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/50228562

この記事へのトラックバック一覧です: 大根収穫:

« 大豆収穫 | トップページ | 籾殻くん炭 »