« シマヘビ | トップページ | 白菜種まき »

2011/08/02

蜂の襲撃

Hatidai
<獰猛な足長蜂(あまり近づけず、ズームで撮影)>

Hatisyou
<おとなしい足長蜂>

 先日、ハウスのトマトの芽かきをしていて、足長蜂十数匹に襲撃され、ダッシュで逃げたものの肩の後ろを2箇所刺されてしまいました。

 蜂に刺されると本当に激痛で、ダメージが大きいです。

 ハウスのサイドの開口部の上のパイプに巣がありました。それに気づかず、近づきすぎたため、蜂の巣を守ろうと蜂がいっせいに襲ってきたのです。

 巣はハウスの一番奥にありました。

 今年は、3月に温床にしなかったため、当初2割ほどしか発芽しなかったため、一部購入苗を植えていました。

 なので、購入苗の方は収穫できるようになったのですが、作った苗の方はまだ大きくならず、収穫していませんでした。蜂の巣があった所は、まだ収穫しておらず、近くまで行っていませんでした。気づかなかった間、巣がどんどん大きくなったようです。

 巣の写真を撮ろうとゆっくり近づくと、刺された蜂の巣の手前に3個、反対側のサイドに2個、合計6個も巣があったのです。

 ただ、よく見ると襲撃した蜂は、体が大きくいかにも獰猛そうです。手前の5個の蜂の巣にいる蜂は、ややこぶりでおとなしそうでした。近寄ってもスクランブルをかけてきません。

 このおとなしそうな蜂の巣の前は、収穫や芽かきのため、すぐ近くを何度も通っていましたが、まったく刺されることがなかったので、5個も巣があったのに気づかなかったのです。

 同じ足長蜂でもえらい違いです。

 ただ、このままでは収穫や作業ができないので、渡辺さんに蜂の巣を棒でたたき落してもらいました。

 完全防備で、落す度にダッシュで逃げたので、かなり疲れたそうです。

 痛みも30分ほどすると、薄れてきたのでだいじょぶでした。

 去年もハウスの中に蜂の巣が作られ、刺されました。これはおとなしいほうの蜂だった気がします。

 蜂にとっては雨が避けられ、快適な住環境でしょうが、こればっかりは明け渡すわけにはいきません。

 別の所でお願いします。

 

 

|

« シマヘビ | トップページ | 白菜種まき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/52374285

この記事へのトラックバック一覧です: 蜂の襲撃:

« シマヘビ | トップページ | 白菜種まき »