« 無農薬「雪下人参」の販売開始 | トップページ | 雪下人参掘り »

2012/02/08

難しいハウスの菜っ葉栽培

 今年の冬は、ハウスのチンゲン菜やみぶ菜の外側の葉っぱが腐れたり、小松菜の葉っぱが黄色く変色したりと、病気が発生してしまいました。

 原因は、秋に苗を植えるのを2週間遅らせたため、予想以上に菜っ葉が大きくならず、早く大きくするためにビニールのトンネルをかけっぱなしにして、温度と湿度が高い状態が続いたためだと考えています。

 去年はハウスの菜っ葉が大きくなりすぎ、老化して葉っぱの外側が腐ったため、植えるのを遅くしたのですが、これまた、ダメでした。

 温度をかけて育てると、かなり軟弱になってしまいます。

 ハウスのサイドを開けて換気し、夜の温度を下げるとじょうぶな菜っ葉に育ちます。じっくり育てることがポイントです。

 今までは、秋に水やりの手間を省くため、サイド換気をほとんどせず、水の蒸発を極力抑えていました。

 ため池から500リットルのタンクに水を汲んでやっていたので、かなり水やりの手間がかかります。

 来年は水やりの回数が増えても、秋にサイド換気をしてじっくり育てたいです。

 また、ハウス内のビニールトンネルの開け閉めもかなり時間がかかるのですが、支柱クリップでビニールの片側をとめると、少しは効率的にできるので、こまめに開け閉めしようと思います。

 毎年の失敗をそろそろ改善しないと・・・

 

 

 

 

|

« 無農薬「雪下人参」の販売開始 | トップページ | 雪下人参掘り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88222/53934364

この記事へのトラックバック一覧です: 難しいハウスの菜っ葉栽培:

« 無農薬「雪下人参」の販売開始 | トップページ | 雪下人参掘り »