2008/08/21

朝市夕市

 今日、朝市夕市ネットワークが主催する朝市で直売しました。

 朝市夕市は、勾当台公園で月1回、開催されていて、 6月から毎回参加しています。

 今日は朝からずっと土砂降りで、当然、お客さんもまばら・・・

 予想は出来ていましたが・・・bearing

 でも、宅配しているくまっこ農園のお客さんが、 「スーパーの野菜とは全然、味が違う」ということで、宅配だけでは野菜が足りないからと雨の中買いに来てくれたり、農家の方と話をしたりと、来た甲斐がありました。happy01

 宅配のお客さんの中学生の息子さんが、ミニトマトなどはおやつ代わりに、モリモリ野菜を食べるそうです。

 うーん、健康に育ちそう。

 そういえば、この方とは、朝市が縁で宅配するようになったんだっけ・・・

 農家の方には、「きゅうりの葉っぱが枯れ上がってきて、もう終わりそう」と話をすると、その人は、「きゅうりやいんげんは3回に分けて、種をまいている」とのこと。

 9月の野菜の端境期にきゅうりが採れるよう、6月下旬に種をまいているそうです。

 いんげんは、最後はハウスの脇に植えると、霜が降りるまで採れると言っていました。

 なるほど、なるほど。

 研修では、回数を分けて、種をまくということをやっていなかったので、いいことを聞きました。

 去年いんげんは、たまたま、きゅうりが病気になって枯れ、欠株に遅くまいたら、ちょうど、最初にまいた、いんげんと入れ替わるように採れるようになったため、今年も2回に分けて、種をまいていました。

 市は、いろいろな人との出会いや交流があって、いいですねー。

 


 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/23

ヤーコンの試食販売やりました

 今日、みやぎ生協西多賀店でヤーコンの試食販売をしました。渡辺さんとサンサンファクトリーのスタッフの厚子さんとで交代しながら売りました。

 最初、秀子さんが作った試食を配っていたのですが、きんぴらの唐辛子が結構利いてて辛すぎ、試食に向かないということになり、急遽私が、調理したものを配りました。

 ヤーコンは油でいため、しょうゆとみりんで味付けしたきんぴらですが、歯ごたえがシャキシャキしていて、とてもおいしいです。

 私は、雪菜や小松菜なども、しょうゆと砂糖で油炒めした、甘じょっぱい味付けが大好きです。

 ヤーコンはもともと、甘いですが、さらに甘めの味付けにするとごはんにあいます。

 今日は、ヤーコンを知らないお客さんにヤーコンを知ってもらうことをねらって、どんどん試食してもらいました。

 ヤーコンはオリゴ糖がいっぱい含まれているので、甘くて、お通じによいことや血糖値を下げるということをセールスポイントにして、配りました。

 女性の場合、「お通じにいい」というのが結構売りになります。

 お客さんからは、「初めて食べた」とか「どうやって食べるの?」とか「サツマイモかと思った」とか「原産地はどこなの?」、とか「1本だけ試してみたいので、小さい袋のはないの?」とかいろいろ聞かれ、直接会話ができるので、とても貴重な体験でした。

 「どんな所に興味を持つのか」が直にわかって、いいです。

 以外と原産地を聞いてくる人が多かったです。

 「原産地は南米です」というと、「あー、やっぱりね」という返事が返ってきます。

 自分が作った野菜をお客さんと会話しながら、売るというのはなかなかおもしろいです。

 農家をやっていると自分の作ったものなので、野菜の味や作り方、畑の環境など、自信を持ってPRできるのがとてもいいです。

 これは、スモールビジネスの醍醐味だと思います。

 自分の農業の方向性をいろいろ考えているけど、やっぱり、食べる人と作る人が支えあうような関係ができたらいいなと思います。

 食べる人の顔を思い浮かべながら、種を撒いたり、農作業できると、やりがいがでると思います。


 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/22

試食販売会やります

 明日、みやぎ生協西多賀店で秋保大滝産直会の試食販売会をします。

 試食はヤーコンで、あまりなじみがないけど、おいしくて健康によいので、試食してもらうことになりました。

 その他、農薬、化学肥料を一切使っていない「おいしい旬の野菜」を販売します。

 今日はそのための、収穫と出荷の準備をしました。

 私は、ヤーコンの他、里芋、山芋、京菜、雪菜、サラダカブを出します。

 感動できるのは、サラダカブです。間違いなくおいしいです。

 ヤーコン以外にも試食してもらえたら、そのおいしさがわかると思います。

 10時30分~17時までやっています。

 ぜひ、ご来店ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)