2007/08/26

サンサン夏祭り

Natumaturi

 「NPO法人 アグリ・ノーマライゼーションin秋保が」運営する福祉施設「サンサンファクトリー」の夏祭りが24日、行われました。

 施設利用者、スタッフ、農業研修生、関係者、たまたま農家レストランに食事に来ていた大学生など、総勢40人ぐらいが参加していました。

 大滝自然農園のズッキーニ、ナス、トウモロコシなど野菜や牛タンなどのバーベキュー、焼き鳥、焼きそば、お好み焼き、生ビール、かき氷、スイカなど食べ物も、いかにもお祭りの屋台の食べ物ばかりです。

 ビンゴゲームでは、箱の中の「数字が書いている紙」を順番に引くことになっていて、その中に、「青汁」と書いてある紙が用意されており、それを引いちゃうと青汁一気飲みの罰ゲームにもなっています。

 私が紙を引くと「青汁」と書いてあり、一気飲みするはめに・・・

 飲みほした後は、当然「うーん、まずい。もう1杯。」というお決まりのセリフを言っておきました。

 その後は盛大に打ち上げ花火や手持ち花火をしました。打ち上げ花火は、「町内会の花火より盛大だなや。」という声もあったほどです。

 毎年、恒例の夏祭りが終わると、秋保はめっきり秋めいてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/31

サンサンファクトリー

 今日は、サンサンファクトリー(仙台市心身障害者通所援護施設)の運営組織である「アグリノーマライゼーションin秋保」をNPO法人化するために、申請書類を作成していました。

 久々に1日中パソコンに向かっていたため、目がかなり疲れ、腰も痛いです。

 事務仕事も、座りっぱなしでパソコンに向かうと、肩こり、腰痛、目の疲れと、肉体労働並みに体が痛くなります。

 要は、私の場合どんな仕事をしても、腰痛と肩こりから解放されることはないというこです。

 さすがに、農業で目が疲れることはないですが、油菜科の極小の種を穴あきトレーの穴に1粒づつ撒くといった作業は、かなり細かい作業です。

 くわやスコップで土を掘る作業はかなり重労働だし、20kg入りの肥料袋など、重いものを持ち運ぶような力仕事もきついです。30kg入りの米袋は持ち上げることができません。あまり、持病の腰痛にひびかないような農業ができないか。

 そこで、就農したら、あまり重労働でない果樹栽培をメインにやろうかなと思っています。今はラズベリーとブルーベリーを考えています。

 ただ、ラズベリーの場合収穫期間が7月と10月の20日間づつほどしかないため、これに、野菜とライフワークの米を組み合わせようと思っています。

 ブルーベリーは、やませの影響で、5月下旬~7月までが低温、日照不足、霧雨の環境で栽培できるか、もう少し検討したいです。

 頭の中でいろいろ考えても、やってみないとわからないという部分が多いので、試行錯誤を繰り返しながら、進める感じかな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)